【腰痛の方必見】どこに行けばいいの?病院と診療所(クリニック)の違いとは。

医療情報

こんにちは!

理学療法士の竹です。本日も皆さんのちょっとした疑問に対して、整形外科の理学療法士という視点も踏まえながらお話していきます。

皆さんは体調が悪くなったときや怪我をしたときに「病院に行かなきゃ」といって、近くの○○内科や○○整形外科を受診されるのではないでしょうか。

しかし、実は近所の○○内科や○○整形外科さんは病院ではないとご存じでしたか?

近所の診療所と病院は何が違うの?

腰痛のときにはどっちに行けばいいの?

そんな疑問に理学療法士の専門性も踏まえて解説します。

理学療法士をこれから目指す学生の方や、理学療法士って皆同じでしょ?と思われる方も是非ご参考ください。

スポンサーリンク

病院と診療所の違い

医療法においては医業を行うための場所を病院と診療所とに限定し、病院と診療所との区分については、病院は20床以上の病床を有するものとし、診療所は病床を有さないもの又は19床以下の病床を有するものとしている。

つまり、病院と診療所を分ける基準は、入院するためのベッドの数です。

病院は入院するためのベッドが20床以上の医療機関のことを指し

診療所は入院するためのベッドが19床以下の医療機関のことを指します。

さらに、診療所はベッド数が1~19床であれば有床診療所

0床であれば無床診療所と分けられます。

皆さんが受診しようと考えている医療機関は入院されている方がどれくらいいますか?

おそらく19床以下で、ほとんどが入院ベッドのない診療所だと思います。

厳密に言うと皆さんが行くところは意外にも病院ではなかったんですね。

  • 病院…入院ベッド数20床以上
  • 有床診療所…入院ベッド数1~19床
  • 無床診療所…入院ベッド数0床

ただ、体調が悪いときに「風邪気味なので診療所行ってきます」だと聞き手が「?」となってしまうでしょうから、

上記はあくまで定義的な意味での区別として、日常での使用は「病院」でいいと思います。

ちなみに、クリニック=診療所です。

診療所の看板は「○○クリニック」がほとんどですね。

スポンサーリンク

病院と診療所 それぞれの役割

病院は高度の医療を必要とされる場合や、手術や入院が必要な場合に受診するという位置づけです。

一方診療所は、軽度の怪我や病気などで高度の医療を必要としない場合の診療や、症状について最初に相談に行くところです。

いわゆる町医者です。

最初に診療所にかかることで、診療所に通院して治療をするのか、紹介状を書いて病院への受診を促すのかなどを医師が判断する役割があります。

そのため皆さんが腰痛や怪我を受傷した際にまず行くべきは、お近くの整形外科クリニックや整形外科の標榜がある診療所だといえます。

そこで医師が問診や視診、運動診、レントゲン画像、などを診察して原因を探り、

その結果、注射や処方(湿布や服薬)、物理療法、理学療法など適切な治療手段を選択、提示してくれます。

もし診察で、はっきりと診断を下せない症状や重篤な疾患が疑われる場合に関してはMRI撮影が必要であったり、専門医や病院の医師に診てもらう必要があるため

紹介状を作成して、ようやく病院への受診をするステップになります。

同じ医療機関でも、診療所と病院では役割を区別することで軽症の患者さんは診療所で治療を完結でき、

より高度の医療が必要な患者さんや重症な患者さんが効率的に病院で治療を受けられるようなシステムになっているわけですね。

スポンサーリンク

理学療法士の病院と診療所での違い

最近は、病院だけでなく診療所にも常駐する理学療法士が増えてきました。

そのため、理学療法士によるリハビリテーションは近所の整形外科でも受けられるようになってきています。

しかし病院と診療所で役割が違うように、そこに所属する理学療法士にもある程度の違いが生まれます。

それは理学療法士の専門性です。

重症の患者さんを毎日診ている理学療法士と軽症の患者さんを毎日診ている理学療法士では、

扱う疾患も異なってきます。

もちろん理学療法士である以上は、重篤な疾患でも軽度の肩こりでも理学療法を提供できる知識や技術はあるべきで、そこに差が生じてはいけないという意見もあります。

病院勤務をしてから診療所に転職したりあらゆる分野を勉強をして、どの疾患に対しても理学療法を提供できる理学療法士はいます。

しかしながら、良い意味で専門性を持ちプロフェッショナルであることで、その分野に特化した適切な理学療法を提供できることが理学療法士にとっては重要であると私は考えています。

例えば、皆さんはお腹が空いてイタリアンが食べたいと思ったらどこに行きますか?

イタリアンのシェフはイタリアン、割烹の店主は和食を提供します。

割烹の店主も料理はできますからイタリアンを提供することもできますが、どうしてもイタリアンのシェフと同じものを提供できるかというと

限界があります。

イタリアンが食べたいときはイタリアンレストランに行き、和食が食べたいときは割烹に行く。

その結果、それぞれの料理人が修行して研究して作り上げた最高の一品を召し上がることができるのです。

細かくいうと医療とはまた異なる部分はありますが、ざっくりとしたイメージはこういうことなのです。

医師も同様に、どの分野も診ることはできますが、消化器外科や整形外科、循環器科の先生などそれぞれの専門分野で専門性を持って活躍されています。

基盤の理学療法士としての知識、技術はあることが前提として、その後の職場や研究分野、理学療法士それぞれが勉強した分野に

理学療法士が専門性を持ち、その分野において最高の理学療法を提供できるというのが理学療法士として必要なことだと思います。

以上

腰痛の方が行くべきである診療所と病院との違いとそれぞれの理学療法士の違いでした。

皆さんが腰痛などでお困りのときの判断材料のひとつとなれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました