【理学療法士を目指す人へ】私が思う理学療法士になって良かったこと

医療情報

こんにちは!理学療法士の竹です。

私は理学療法士になり7年ほど経ちます。

理学療法士で7年目とは特にベテランなわけではないですが,若手でもありません

ある程度の数の症例を経験して様々な患者さんと出会い

人としても成長する機会が多々あったように感じます

その過程で嬉しかったことや楽しかったこと

悔しかったこ辛かったことは数えきれないほどあります

 

そこで今回は、理学療法士を目指す方のために

私が理学療法士になってよかったことをお伝えします

理学療法士という仕事を理解してもらうために少しでもイメージの参考になれたらと思います



スポンサーリンク

感謝される仕事

理学療法士に、仕事をしていて一番嬉しいときは?と質問すると

 

ほとんどの人が「患者さんにありがとうと言われたとき」「患者さんができなかったことができるようになって感謝された」

 

など感謝されたりお礼を言われたときのことを答えると思います

理学療法士のやりがいの一つが「感謝をされる仕事」ということです

この患者さんをよくしよう!目標や希望をかなえてあげたい!

と思って、入念にリハビリ計画を立て、わからないことは勉強し、一生懸命患者さんと向き合います

理学療法士はリハビリテーションの時間だけが仕事ではなく

昼休みに文献を読んだり、休日を返上して勉強会に参加したり

常に努力を続けています

 

そして、その努力が報われる瞬間が患者さんに感謝をされた瞬間です

実際は感謝されたいから理学療法士をしているわけではありません

ですが、努力した結果として患者さんからお礼を言われたときは

やっぱりこの仕事をやっててよかったと心から思える瞬間ですね

スポンサーリンク

医師との繋がり

理学療法士は、医師からリハビリの指示がでて初めてリハビリテーションを提供できます

そして治療方針や途中経過の報告など医師とのコミュニケーションはとても重要です

ですので自ずと医師の先生方とお話をする機会が多いです

 

リハビリや患者さんに関することはもちろん

プライベートな話をすることもよくあります

医師の先生方はその職業柄、様々な職種と交流や繋がりがあり

人生経験が豊富な方がとても多いです

 

お話をするだけで、自分の知らない分野のことや人生観にまつわることなど

大変勉強になります

また、自分や家族の病気や怪我に困ったときに相談に乗ってもらうこともありました

自分も医療従事者なので調べればわかることも多いですが

教科書や参考書には載っていないような先生方の経験も踏まえたアドバイスもいただけて

とても助かったことがあります

 

医師の先生方全員がこのような話をして下さるとは思いませんが

少なくとも私は医師との繋がりがあってよかったと思えることが多かったです

スポンサーリンク

健康への意識

理学療法士として勉強をしていく過程で医療の様々な分野の知識を得ることができます

運動に関してはもちろん、栄養のことや生活習慣のことも学びます

専門用語についてもある程度の理解があるため

医療や健康に関する書籍も抵抗なく読むことができます

そのため、自分自身や家族の健康を保つための情報を得やすいのです

情報が多いと実践もしやすく健康を保つための努力もしやすくなります

普通の企業に勤めてサラリーマンをしている自分を想像すると

自分が病気や怪我をするまで健康への意識は向かないのではと思うこともあり

この仕事をしていてよかったとよく思います

スポンサーリンク

身近な人の身体に関する悩みを解決できる

両親や兄弟、友人など身体のことで悩みを抱えている人はかなり多いと思います

若いうちはスポーツで怪我をし、仕事を始めれば腰が痛くなり、さらに年齢を重ねれば病気になりやすくもなります

自分の周囲の人が困っているときに実際に診てあげたり、行くべき病院のアドバイスをしたりできるので

理学療法士として経験してきたことや知識や技術はプライベートでも役に立つことがとても多いです

実際、自分が理学療法士を目指したきっかけも

身近な人を治してあげたいというところからでした

自分の日々の努力を誰かに還元できるというのは理学療法士冥利に尽きますね

スポンサーリンク

最後に

今回は私の今まで経験したなかで理学療法士になってよかったと思ったことをご紹介しました。

もしかしたら今回のことは理学療法士だからというわけではなく

医療従事者の方ならよく経験されることかもしれません

ですが、私は理学療法士になったからこそ経験できたことですので

理学療法士という仕事をしていてよかったといつも思っています

もちろん辛いことや悔しいことなどもたくさんありますが

仕事としてのメリットという意味も込めて

少しでも理学療法士の仕事のイメージを持ってもらえればと思います

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

  1. はじめまして。
    私自身は作業療法士をしております。
    「理学療法士になってよかったこと」の記事を読ませていただきました。
    患者さんから感謝の言葉は、療法士にとってとてもありがたいですよね。
    健康への意識や医学の知識が身近にあるというのも、共感できます。
    印象的な言葉や印象に残る患者さんが私にもいます。ずっと心の支えになっています。

    健康や医学、そして療法士の仕事を知ってもらうには、病院に来てもらうだけじゃなく、自ら情報を発信することも、とても重要だなと感じています。それが、新たな仕事につながると、なおさらうれしいなと。
    感想になっているのか、自分の思いを書いただけなのか、わからなくなりましたが…その他の記事も、ちょこちょこ読ませていただきます。
    突然コメント、乱文失礼しました。

    • コメントありがとうございます,
      同じセラピストとして共感していただけたこと,大変うれしく思います.
      患者さんからは感謝の言葉を含めたくさんのものをもらいながら自分がセラピストとして成長できていると日々思っています.
      仰る通り我々は目の前の患者さんにしか介入できないため,もどかしさも感じております.
      少しでも多くの患者さんもしくは受診する以前の方々に自分が何ができるかと考えた結果,情報発信に行きつきました.
      まだまだ記事数が少ない脆弱なブログですが,これからも精進致します.今後ともよろしくお願いいたします.

タイトルとURLをコピーしました